勝城蒼鳳先生の特別講座 of 竹清堂




take.gifsei.gifdou.gif

勝城氏の工房 029 修正.jpg

大田原、公民館にて勝城蒼鳳氏竹工芸特別講座が行われた。

勝城蒼鳳氏

昭和40年 八木澤啓造氏に師事

昭和43年 斉藤文石氏に師事

昭和43年 日本伝統工芸展初入選

平成10年 紫綬褒章受賞

平成17年 重要無形文化財保持者に認定される

今回は竹工芸の材料取りの一つである柾材料の制作方法


先生01.jpg柾材8本分を銑引きで
厚み2.8mmに整える。

先生03.jpg勝城氏が50年間使用している
銑台

先生02.jpg8等分した柾材を銑引きを
4回行って厚、0.4mm
まで薄くする。

岳彦01.jpg

作業01.jpg勝城氏の作業に見入る講習生

磯飛01.jpg各自、勝城氏の指導で柾材の
銑引き作業。
昨年第57回日本伝統工芸展で総裁賞を受賞した磯飛節子氏

大木01.jpg飯塚小玕齋の愛弟子
大木淑恵氏

岳彦.jpg佐川素峯氏の元で修業中の
佐川岳彦君

藤塚01.jpg昨年第57回日本伝統工芸展で
鑑査委員を務めた藤塚松星氏

佐川氏.jpg栃木県大田原市で毎年秋に開催され今年で14回目の全国竹工芸展を立ち上げた佐川素峯氏

田中01.jpg田中旭祥と勝城氏

集合02.jpg勝城氏の指導後各自柾材100本を銑引き

集合04.jpg

集合03.jpg

木霊の前で (2).jpg