能楽の作り物 of 竹清堂



take.gifsei.gifdou.gif

竹清堂は1970年以来、観世宗家・観世能楽堂・国立能楽堂をはじめ、宝生能楽堂・横浜能楽堂・MOA美術館能楽堂・豊田市能楽堂、等へ能楽作り物を制作納入しております。

能楽の作り物

作り物

能楽の舞台は作り物と呼ばれる竹と木と布で作られたきわめて簡素な道具で構成されています。
極限までそぎおとされた象徴的な道具が個々の曲目の場面を連想させ演能と共に観客を幽玄の世界へと誘います。

作り物とはその度に作るという意であり舞台ごとに組立て「ぼうじ」と呼ばれる白い布をまき金襴緞子を掛けたり覆ったりして組み立てます。

小宮

小宮

3 小宮.jpg

角台、四本柱、屋根で構成され、小さな宮殿等を表す。

天鼓・羯鼓台(かっこだい)

天鼓・羯鼓台(かっこだい)

2 天鼓.jpg12 かっこ台.jpg

羯鼓とは雅楽の左方楽に用いる打楽器を指します。羯鼓台は「天鼓」という曲目に用いられ鼓を固定する台として使用されます。天鼓は鼓の名であると共に曲目に登場する少年の名でもあります。

萩戸

萩戸

4 萩戸.jpg13 萩戸.jpg

竹で作った角台に四本柱を立て、四面に萩をあしらった萩戸を取り付けて質素な草庵を表します。
上に藁屋をのせる場合もあります。

物見車

物見車

5 物見車と立ち木台.jpg18 物見車.jpg

牛はいないが牛車を表わしている、熊野(湯谷)・右近などの曲目に使用。ぼうじに紅緞を巻いている。

輪蔵

輪蔵

輪蔵.jpg1.jpg23 輪蔵.jpg

作り物の中では道成寺の釣鐘と共に大きな道具の一つ。輪蔵とは仏教の寺院内等に設けられる経蔵の一種です。一般にはこの輪蔵を回転させるとそれだけ経典を読誦したのと同等の御利益が得られるものと考えられている。曲目では後半に輪蔵を一回のみ回転させている。

半蔀(はじとみ)

半蔀(はじとみ)

6 半蔀.jpg

半蔀は源氏物語の夕顔の巻を素材としています。源氏物語では夕顔の女は清楚なうちにもどこか哀愁を含み夕方に開き朝にはしぼむというはかない夕顔の花にだぶらせて描かれています。
半蔀とは上半分を外側へおし上げるようにした蔀戸で一端を竿で突き上げて夕顔の花や瓢箪等を取り付けてあります。
半蔀の作り物は後場で出され簡素ながら小さな瓢箪がいくつもついた夕顔の葛をからませ風情があります。

野宮(ののみや)

野宮(ののみや)

7 野宮.jpg15 野の宮.jpg

源氏物語の「賢木の巻」を素材としています。主人公は嵯峨野の野宮に世をさけている六条御息所(みやすどころ)です。
この「野宮」では源氏の愛を失った御息所の寂しさ、それでもなお愛さずにはいられない女心の哀しさを晩秋の嵯峨野の雰囲気の中で描き出しています。野宮の黒木(皮のついたままの木)を表す鳥居の作り物は竹の柱の両側に小柴垣をあしらいますが、横に広げたものと縦にそわせたものがあります。

井筒

井筒

8 井筒.jpg14 井筒.jpg

「伊勢物語」の23段「筒井筒」を素材としています。「野宮」と共に秋の幽玄能の一つで井筒の女(紀有常の娘)のつつましい恋物語。
この種の能は、序ノ舞という静かで上品な密度の高い舞を舞うのが特徴。全曲を通じて秋の夜の寂寞たる古寺の中で清純な恋幕と過ぎ去った昔を井筒の前で回想しています。
作り物の井筒(井戸)の高さと薄(すすき)を井筒のどの位置に付けるかは演者によって異なります。

道成寺

道成寺

24 道成寺・釣鐘.jpg10 道成寺01.jpg

今昔物語の巻14を素材としています。
作り物の中でも輪蔵と共に大きな道具の一つです。
作り物の鐘本体は竹で組まれていますが重くする為に鉛を下輪に入れさらにその上に藁束を数十束取り付けてシュロ縄で締めています。「ぼうじ」と呼ばれる白い布で巻いた後緞子で覆います。

能「道成寺」は恋を裏切られた女の哀しさ、尽きる事のない執念の恐ろしさをダイナミックな演出と演技を尽くして表現しています。
舞台は乱拍子・急ノ舞・鐘入り・祈り・調状(ちょうぶく)と展開しますが乱拍子では
シテ(主役)と小鼓の1対1のやりとりが見所の一つと言われています。
能楽においては曲目や役柄を初演することを披く(ひらく)といいますが、今までの修業の集大成で道成寺を披くことの重さは格別なものと意識されています。